インターネット、Wi-Fiなどわからないことがあればなんでもお気軽にご相談ください

↓ ↓ ↓

格安SIM

格安SIMで人気の楽天モバイル!速度や料金、評判をまとめてみた!

格安SIMは、スマホがドコモやソフトバンク、auといった携帯電話会社よりも安く利用できるとして今人気が出てきています。
その中でも今注目を集めているのが楽天モバイルです。
楽天モバイルは楽天株式会社が提供している格安SIMで、スマホのセット販売も行っています。
楽天モバイルを利用していると、楽天市場での買い物でポイントが多くもらえるといったメリットもありますが、やはり格安SIMを利用するにあたって重要なのは回線速度や料金ではないでしょうか。
そこで、今回は楽天モバイルの速度や料金から評判、そしてiPhoneなどの端末が利用できるかどうかをまとめてみました!
毎月のスマホ料金を少しでも抑えたいと考えている方、楽天モバイルに興味がある方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください!



楽天モバイルがおすすめできるポイント

まずは、楽天モバイルならではのおすすめポイントをご紹介します。

楽天でんわで通話料が半額になる

楽天モバイルで利用できる「楽天でんわ」というアプリを利用すると、番号はそのままのものが使えて通話料が半額になります。
楽天でんわは電話回線なのでスマホの電波状況が悪くて通話が途切れるということがありません。
しかも、楽天でんわは月額利用料がかかりませんので、通話した分の料金を支払うだけで利用できます。
そして、利用した通話料金100円に対して楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。
オプションプランを利用すれば、月額918円で5分かけ放題にすることもできます。

月額料金が初月無料になる

楽天モバイルは初月の月額料金が無料になります。
データSIMプラン、通話SIMプランどちらも初月無料です。

月額料金がとにかく安い

楽天モバイルでは、データ量で料金プランを選ぶことができますが、とにかく安く利用できるというのがメリットです。
詳しい料金プランについては後程ご紹介しますが、この料金でいつも通りスマホを利用できてしまうと、もう今まで使っていたキャリアに戻ることはできなくなってしまいそうです。

楽天スーパーポイントで支払いが可能

楽天モバイルの月額料金や端末を新たに購入する場合、楽天スーパーポイントを使って支払いをすることができます。
楽天スーパーポイントは楽天モバイルの月々の料金や楽天市場での買い物などで貯めることができますので、ポイントが貯まったら支払いに回すということができるのは便利ですね。

楽天モバイルの料金プラン

支払い

楽天モバイルの料金プランは大きく分けて2つあります。
ひとつが2017年9月から始まったリン料金プランの「スーパーホーダイ」です。
そして、もうひとつは元々あった「組み合わせプラン」になります。

スーパーホーダイ

スーパーホーダイは、最大1Mbpsのデータ通信が使い放題で、国内通話5分かけ放題がセットになっているプランです。

プラン月額料金(1年目)月額料金(2年目)
楽天会員ではない方楽天会員楽天会員(ダイヤモンド会員)楽天会員ではない方楽天会員楽天会員(ダイヤモンド会員)
プランS(2GB/月)2,980円1,980円1,480円2,980円
プランM(6GB/月)3,980円2,980円2,480円3,980円
プランL(14GB/月)5,980円4,980円4,480円5,980円

各プランによってデータ量が異なりますが、例えばプランSなら月間2GBを使い切るまでは高速通信が可能で、使い切ってしまったあとは最大1Mbpsにはなりますが、使い放題のままとなります。
最大1Mbpsはどれくらいの速度かというと、LINEやメールのやり取りは問題なくできます。
何かを調べたりゲームをするのもほぼ問題ありません。
動画再生は画質を上げてしまうとちょっと厳しいかもしれませんが、再生できないレベルではありません。
アプリのダウンロードなんかはちょっと時間がかかるかもしれないですね。

データ量は繰り越しが可能

各プランの月間データ量をもしも使い切らずに余ってしまった場合、翌月に繰り越して利用することができます。
ただし、繰り越しができるのは翌月までとなります。

途中でプラン変更もできる

プランSにしたけどやっぱりデータ量が足りない、あるいはプランLにしたけどそんなに使わない…という場合は、途中で契約プランの変更もできます。
今月はちょっといつもより多く使いそうなんていう時にも、あらかじめプランを変更しておけば安心して利用できますね。

組み合わせプラン

楽天モバイルの組み合わせプランは、データ量や通話の有無を組みあわせて選ぶことができるプランです。
なお、データ量の「ベーシックプラン」は、データ利用量の上限がない代わりに速度が常時200kbpsとなります。
200kbpsは結構遅いので、LINEやメールくらいしか使わない方や、ネットをWi-Fi接続時しか利用しないという方向けのプランという感じですね。

データ量の繰り越しや途中でのプラン変更はスーパーホーダイと同様に可能となります。

データシェアができる

ベーシックプラン以外のデータ量は、余ってしまった場合に翌月への繰り越しが可能ですが、それ以外にシェアするという方法も可能です。
シェアできる相手は楽天モバイルを利用している方ならだれでも可能で、最大5回線までシェアすることができます。
データシェアを利用するには月額100円の料金が発生します。

通話SIM

通話SIMは、データ通信だけではなく通常の電話としての通話機能もあるプランです。
通話料は20円/30秒、SMS送受信料は受信が無料で送信が一通あたり3円(国内)となっています。

プラン月額料金
ベーシックプラン1,250円
3.1GBプラン1,600円
5GBプラン2,150円
10GBプラン2,960円
20GBプラン4,750円
30GBプラン6,150円

050データSIM

050データSIMは、データ通信と050番号での発信通話ができます。
050番号の通話は、携帯電話や固定電話への発信が可能で、SMSも利用可能です。
ただし、110や119への発信ができません。
050番号の通話料金は携帯電話宛ての場合9.98円/分、固定電話宛ての場合3.05円/分となります。
基本的に電話を使わない方はこれでも十分ですね。

プラン月額料金
ベーシックプラン645円
3.1GBプラン1,020円
5GBプラン1,570円
10GBプラン2,380円
20GBプラン4,170円
30GBプラン5,520円

データSIM

データSIMは通話もSMSも利用できない代わりに、3つのプランの中で最も安い料金設定になっています。
電話はLINE通話などの無料アプリで十分という方はこのプランが費用を抑えられておすすめです。

プラン月額料金
ベーシックプラン525円
3.1GBプラン900円
5GBプラン1,450円
10GBプラン2,260円
20GBプラン4,050円
30GBプラン5,450円

楽天モバイルの申し込み方法

スマホで申し込み

楽天モバイルの申し込み方法は新規申し込みとMNPで若干違います。

新規申し込み

新規申し込みの場合は、以下のいずれかが必要となります。

・クレジットカード
・デビットカード
・口座振替用の銀行口座
※いずれも本人名義

クレジットカード

クレジットカードがあればカード情報の登録だけで申し込みが可能です。
また、クレジットカードは楽天カードを利用すれば、楽天ポイントの倍率が上がりますので、楽天市場で買い物をする時に通常よりも多くポイントが受け取れます。
楽天カードは通常のカードなら年会費も無料なので、楽天モバイルを利用するなら作っておいた方が断然お得ですね。

>>楽天カード

>>楽天ゴールドカード

>>楽天プレミアムカード

デビットカード

楽天モバイルの支払いに使えるデビットカードは楽天銀行デビットカードと、スルガ銀行デビットカードです。
楽天銀行デビットカードでの支払いは利用料金の1%が楽天スーパーポイントとして貯まります。

口座振替

口座振替を選択した場合、毎月手数料として100円がかかります。
また、口座情報の登録を済ませる必要があります。
なお、口座振替で支払いができるのは事務手数料と月額基本料のみとなっていて、端末やアクセサリーの購入には利用できません。

データSIMプラン以外は本人確認書類が必須

データSIM以外のプランで契約する場合には、本人確認書類が必須となりますので、免許証やパスポートなどの提示をしなくてはなりません。

MNP

現在ドコモやソフとバンク、auなどのスマホを利用していて楽天モバイルにMNPで乗り換えをする場合には、MNPの手続きを済ませる必要があります。
MNPを行うには利用している携帯電話会社へ連絡をしてMNP予約番号を発行してもらいましょう。

楽天モバイルの端末、もしくはSIMカードが手元に届いたら楽天モバイル開通受付センターへ電話してMNP予約番号を伝えて切り替えをしてもらいます。

セット販売端末

楽天モバイルではSIM単体での販売の他、スマホ端末とセットでの販売もあります。
セット端末は3年契約をすることで格安でスマホが購入できるので、スマホも新しくしたいという方、現在スマホを持っていないという方はお得に購入できます。
例えばFUJITSUのarrows M04を価格.comで調べてみたところ、SIMフリー端末は最安値が32,993円(2017/09現在)でしたが、楽天モバイルではスーパーホーダイ3年契約で一括払いだと20,000円引きの14,800円、2年契約だと10,000円引きの24,800円で購入ができます。
他にもいろいろな端末が格安価格で購入できるので、機種変更もかねて楽天モバイルに乗り換えるというのもありかもしれませんね。

楽天モバイルでiPhoneは使える?

iPhone

楽天モバイルでiPhoneを利用できるかどうか気になっている方はたくさんいると思いますが、もちろんiPhoneは使えます。
方法は2通りで、ひとつはアップルストアやその他の店舗でSIMフリーのiPhoneを購入する方法です。
そしてもう一つは楽天モバイルでの購入です。
iPhoneも楽天モバイルのスーパーホーダイで3年契約にすると20,000円割引での購入が可能です。

楽天モバイルの速度は?

楽天モバイルの回線や速度について調べてみましたが、どの格安SIMにも言えることは、良い意見と悪い意見両方があるという事です。
ただ、楽天モバイルの回線はドコモ回線を使っているというところがあるので、そもそものスペックは悪いはずがありません。
あとは利用環境などにもよりますが、月間データ量を超えた場合やベーシックプラン、スーパーホーダイは料金が安い分通常の高速通信よりは速度が遅くなっていますので、そこはどちらを選ぶかといったところでしょう。
常に高速通信を利用したければ組み合わせプランの3.1GBプラン~30GBプランのいずれか、またはスーパーホーダイのプランS~プランLを利用することをお勧めします。

楽天モバイルの評判は?

ネットでの楽天モバイルの評判を調べてみました。

楽天モバイルは料金がポイントに還元されるので楽天で買い物をする方にとってはうれしいですよね。

格安SIMの速度についてはどの会社のSIMでも賛否両論ありますが、環境に依存するものや、回線が混雑する時間帯にはどうしても影響が出てしまうものです。
これは楽天モバイルに限ったものではないですし、一時的なものを思えば料金のことも考えるとそれほど大きなデメリットではないかと思います。

やはり格安SIMは料金面が大きなメリットとなりますね。

まとめ

楽天モバイルは、トータルで見るとおすすめできる格安SIMと言えると思います。
特に楽天市場での買い物をする方は、楽天スーパーポイントの倍率が上がったり、支払いにポイントが利用できるなどのメリットがたくさんあります。
料金プランは通話が必要かそうでないかによって選べたり、ギガ数でも選ぶことができるのでちょうどよいプランを選択すれば、毎月の通信費用を節約することもできますね。
関連記事:格安SIMランキング2017年度版!おすすめSIMはこの5つ!

>>楽天モバイル公式サイト

コンシェルジュバナー

-格安SIM

関連記事

パケ死にショックを隠せないネットジャンキー

MVNO?格安SIM?通信費節約の為に知っておくべき事とメリットデメリット

最近、MVNOや格安SIMといった言葉をよく耳にしませんか? しかし、MVNOや格安SIMを使うと通信費が節約できる、スマホやモバイルWi-Fiルーターが安くなる、という漠然とした情報は知っていても、 …

ランキング

格安SIMランキング2017年度版!おすすめSIMはこの5つ!

スマホやモバイルWi-Fiルーターを安く利用できるということで最近人気の格安SIM。 サービス提供会社も増えてきたことで、利用される方も年々増加してきています。 格安SIMサービスは、格安SIMのみを …

スマホを持つ女性

格安SIMのmineoは安い?料金プランや速度を徹底分析!

2017年の調査によると、格安SIMサービスの中で最もシェアが多いのは楽天モバイルでした。 次に多いのがOCNモバイルONE、そして第三位となっているのがmineo(マイネオ)でした。 mineoはド …

LINEを使っている女性

格安SIM「LINEモバイル」のメリットデメリットまとめ

LINEモバイルは無料メッセージアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社の子会社であるLINEモバイル株式会社が提供しているMVNO事業のひとつです。 LINEの知名度が非常に高いことから、LIN …

格安SIMについて考える女性

UQ mobileのSIMは購入して大丈夫?メリットデメリットのまとめ

UQ mobileのSIMは、格安SIMの中でも特に回線が速くて安定していることで人気となっています。 特に通話品質に関しては評判が良いことで知られています。 これは、格安SIMで利用している回線が格 …