インターネット、Wi-Fiなどわからないことがあればなんでもお気軽にご相談ください

↓ ↓ ↓

レンタルWi-Fi

Wi-Fiレンタルどっとこむの評判や口コミを調査してみました

Wi-Fiレンタルどっとこむは、Wi-Fiレンタル事業をおこなっている企業の中でも最大手の一つです。
2016年には「Wi-Fiレンタル.com」から「Wi-Fiレンタルどっとこむ」にサイト表記やロゴをリニューアルしています。
Wi-Fiレンタル事業者にしては珍しく全国各地に多くの営業所を持っていたりもします。
さらに国内だけにはとどまらず、海外にも拠点を構えています。
今回は、そんなWi-Fiレンタルどっとこむについての詳しい情報から口コミや評判などもご紹介していきたいと思います。



Wi-Fiレンタルどっとこむとは

Wi-Fiレンタルどっとこむを運営しているのは、株式会社ビジョンという企業です。
株式会社ビジョンは東証一部上場企業で、国内向けWi-Fiレンタル以外にも海外向けのWi-Fiレンタルも行っています。
Wi-Fiレンタルどっとこむのホームページによると、ビジョングループの利用者数は500万人を突破しているということで、かなりの実績があることもわかりますね。

Wi-Fiレンタルどっとこむの端末一覧

Wi-Fiレンタルどっとこむでレンタルできる端末の種類は全部で6種類あります。
ただし、回線やデータ容量の違いでプランは10種類となっています。




機種/プラン1日あたりの料金通信容量回線
E5383 無制限176円~350円月間無制限
3日で3GBまで
ドコモ
SoftBank 501HW 10GB142円~1,500円10GBSoftBank
SoftBank 303ZT 無制限209円~432円無制限SoftBank
SoftBank 501HW 7GB115円~1,350円7GBSoftBank
SoftBank E5383 無制限209円~432円無制限SoftBank
SoftBank 501HW 無制限209円~432円無制限SoftBank
SoftBank 601HW 7GB118円~1,400円7GBSoftBank
E5383 5GB88円~1,200円5GBドコモ
SoftBank MF920S 5GB88円~1,200円5GBSoftBank
WiMAX WX02 無制限195円~432円月間無制限
3日で10GBまで
WiMAX

一番人気は「E5383 無制限」

全10種類のプランの中で、売上ランキングナンバー1となっているのはドコモ回線を利用しているE5383の無制限端末でした。
月間データ量は無制限で利用できますが、3日間で3GB以上使うと翌日速度制限がかかります。
他にも無制限で利用できる端末はありますが、おそらくドコモ回線という点と3日3GBの制限がある分やや料金が安いことから、こちらのプランが一番人気になっているのではないでしょうか。

Wi-Fiレンタルどっとこむの料金

Wi-FiレンタルどっとこむでポケットWi-Fiをレンタルする場合、1日からレンタル可能ですがその場合は最安価格で350円/日となります。
ただし、レンタル期間が長くなれば料金も安くなり、「E5383 5GB」や「SoftBank MF920S 5GB」を30泊31日レンタルした場合は、1日当たりのレンタル料金は88円になります。

また、Wi-Fiレンタルどっとこむの送料は全国一律で端末一台当たり540円かかります。
さらに返却の際の送料は自己負担となりますので、関東から遠い地域にお住まいの方は送料が高くなる場合があります。

オプションサービス

Wi-Fiレンタルどっとこむには3つの有料オプションがあります。
必要に応じて申し込むことでポケットWi-Fiと同時にレンタルして利用することが可能です。

安心補償サービス


レンタル中に万が一端末が故障してしまったり紛失してしまった場合のためのプランです。
加入していれば故障や水濡れの場合でも全額補償を受けられます。
さらに、紛失や盗難にあって端末がなくなってしまった場合、本来なら全額弁償のところ端末代金の80%を補償してもらえます。

モバイルバッテリー


ポケットWi-Fiやスマホなどを充電できる携帯型のバッテリーです。
端末のレンタル日数に応じて料金が変動します。

・1~9日間:200円/日
・10~31日間:一律2,000円
・32日間以上:2,000円+32日目以降は70円/日

万が一の充電切れの時に一つあるとモバイルバッテリーは便利ですよね。

無線子機


無線子機は無線LAN子機を搭載していないパソコンのUSBにさすことでWi-Fiを受信してインターネット接続ができるようになります。

・1~9日間:30円/日
・10~31日間:一律300円
・32日間以上:300円+32日目以降は10円/日

Wi-Fiレンタルどっとこむ利用の流れ

申し込み

Wi-Fiレンタルどっとこむのサイトから申し込みをします。
申し込みは24時間365日可能ですが、13時までに申し込みをすれば当日発送となるので、最短で翌日には端末を受け取ることができます。
※支払い方法はクレジットカードのみです。

受け取り

受け取りは宅配・空港のいずれかになります。
宅配の場合はクロネコヤマトになるので、自宅や病院やホテルを指定することも可能です。

返却

返却は端末が届いた時に同梱されていたクロネコヤマトの返送用伝票を利用します。
クロネコヤマト以外での返却は、荷物追跡システムが利用できないため、端末がWi-Fiレンタルどっとこむに届いた日が返却日になってしまいます。
空港での返却は返却手数料が500円(税抜き)かかります。

利用延長・延滞について

もし初めに申し込んだ利用期間よりも長く使いたくなった場合、Wi-Fiレンタルどっとこむは自動延長なので返却するまで自動的に料金が加算されます。
返却期限までに返却できなかった場合も同様で、返却が確認できるまで自動的に料金が発生します。

Wi-Fiレンタルどっとこむの口コミと評判

Wi-Fiレンタルどっとこむの口コミや評判を調べてみました。
楽天や価格.COMにもWi-Fiレンタルどっとこむのショップがあるんですが、こちらではレビューが確認できなかったので、Twitterで調べてみました。

Twitterでもあまり詳しいレビュー的なものは見つけられませんでしたが、やっぱりレンタルサービスは手軽に利用できるというところは明確ですね。
回線スピードに関しての口コミもありましたが、そこは正直なところレンタルサービスの問題というよりも、回線提供側だったり利用環境の問題があるので、Wi-Fiレンタルどっとこむがどうこうというのは違いますね。

まとめ

Wi-Fiレンタルどっとこむは端末やデータ量に応じて料金プランが分かれていますので、好みに応じてプランを選択して利用することができます。
ポケットWi-Fiレンタルサービスの最大手ということで実績もあるので安心して利用できますね。
ただ、返却の送料が自己負担なのでお住まいの地域によっては少々高くつくかなというところが気になりますね。
その他のレンタルポケットWi-Fiサービスについては、関連記事「無制限で使える国内Wi-Fiレンタルサービスのおすすめは?」も併せてご覧ください。

>>WiFiレンタル.comはこちら

コンシェルジュバナー

-レンタルWi-Fi

関連記事

パスポート

一時帰国した時に成田空港で利用できる格安レンタルwifiは?

成田国際空港は、海外からの日本の玄関口としてとても多くの外国人観光客の方が訪れます。 また、日本から海外へ旅行等でお出かけされる方も成田国際空港を利用される方が多く、2016年の航空旅客数は3905万 …

飛行機

空港で受け取れる国内専用Wi-Fiレンタルサービスのまとめ

一時帰国や旅行、出張などで短期的にポケットWi-Fiが必要となった場合にはレンタルWi-Fiの利用がおすすめです。 レンタルWi-Fiなら必要な期間だけ料金を支払ってポケットWi-Fiを使用することが …

関空

一時帰国した時に関西国際空港で利用できる格安レンタルwifiは?

関西国際空港は「関空」の愛称で親しまれている西の日本の玄関口です。 2016年度には総旅客数が2,500万人を突破しています。 これは、LLCによる海外からの渡航者の急増が一因とも言われています。 ま …

ポケットWi-Fiを1ヶ月だけ使いたい!そんな時はレンタルの無制限端末がおすすめ!

ポケットWi-Fiって、場所を選ばずインターネットが使えるのでとっても便利ですよね。 通信速度もスマホより速いのでテザリングをするよりも快適です。 しかもテザリングってスマホのデータ量を消費するので場 …

新千歳空港

一時帰国した時に新千歳空港で利用できる格安レンタルwifiは?

一時帰国にも利用される北海道の玄関口「新千歳空港」。 2016年には過去最高となる2,100人あまりの方が新千歳空港を利用していました。 内訳としては国内線利用者が1,873万人、国際線利用者は258 …